アニメ専門学校で夢を叶える|見るから作るへシフトチェンジ

漫画

沢山のお仕事内容

アニメ

アニメーションのお仕事はかなりの数の種類があり、一口にアニメ業界で働きたいと言っても漠然とし過ぎてしまっていると言われる事もあります。アニメーションのお仕事は、キャラクターや背景を書く原画家のお仕事、原画に色を塗るお仕事、出来上がった絵をチャック及び訂正するお仕事、完成した絵を動画にするお仕事、動画に対して演出や音響を入れるお仕事、制作段階をまとめるお仕事、声をつけるお仕事など沢山の細かいお仕事があります。自分がやりたい事が絵を書く事なのか、企画することなのか、音や声に携わるお仕事なのかなどでだいぶ変わってくる業界です。専門学校でも専攻している分野がだいぶ変わってくるので、どちらのお仕事をしたいのかという指針くらいは最低でも必要になってきます。業界では専門スキルが求められる事も多くなるので、専門的なスキルを特化させる事も大事な要因となります。

アニメーションの専門学校であれば、その業界に特化したスキルを習得する事が出来ます。現場で働いていたプロの方々が講師をしている事が多く、そのプロの方々から直接指導を受ける事が出来ます。それに加えて最新技術なども一緒にレクチャーしてくれますので、新しい技術と触れ合う可能性が高いのも魅力的です。アニメ業界は技術の発展が目まぐるしい業界でもあるので、新しい技術に触れる事が出来るのはとても良いことなのです。制作作品の質の向上にも繋がります。また、実際の現場に近い様な環境での作成なども行なう事が出来るため、予め業界の雰囲気を味わっておくことが出来ます。他学科や企業とコラボする事で、生のお仕事に触れることも出来るので、業界のレベルに触れる事が出来るだけじゃなく、実際に働いている人達とも一緒に作品を作成出来るのです。実務経験を積むことによってかなりレベルが上がりますので、着実にレベルを積み重ねる事が可能となります。専門学校ならではの魅力となっているので、自分がやりたいと思ったお仕事が決まったならば、専門学校や専攻などの選定をしっかりと行なって、自分の歩みたい道に向かって走りだしましょう。